AmoStyle

GPZ900R & CROSSCUB

クロスカブ

クロスカブにLED RIBBON

2016/07/07

純正ヘッドライトの暗さが我慢出来ずにLED化に踏み切ります。

用意したのはサインハウスのLED RIBBON HS1型タイプ

ne_ledribbon_hs1_xhp7015w_main

ただこのタイプは直流専用で交流での使用は出来ません。

クロスカブのヘッドライトは交流なのでまずは直流に変更してやらなければなりません。

まずは車体右側のサイドカバーを外すとすぐに見付かるレギュレーターのカプラからヘッドライト、テールランプへ繋がる黄色い線を引き抜きます。

IMG_5710

直流電源はリアブレーキライトスイッチから分岐させ

IMG_5709

IMG_5711

先程抜いた黄色い線につなげます。

これで、ヘッドライト、メーターパネル、テールランプが直流化されます。

当然全てLED化します。

でもこのやり方はバッテリー直配線なので、イグニションONと同時に上記の電球が全て点灯します。

イグニションONにしたらすぐにエンジンを掛けましょう。

 

取付は説明書通りにやれば何も問題ありません。

IMG_5718

 

 

夜を待って状態を確認。 メーターパネル超明るい♪( ´▽`)

IMG_5737

ちなみにメーターパネルに使用したLEDは20個セットで¥1,500円の大陸製です。

 

ヘッドライトの方は

IMG_5751

写真じゃ解りづらいけど、ナニコレ驚愕の明るさ!! 大満足です♪

これも解りづらいけど一応正面からも。
IMG_5743以前のバイクでHID化した事もありますが、LEDは配線も簡単、何よりシンプルなのがとても良い。
取付に関しては、説明書通りにやれば間違えようが無いし、商品としてサインハウスのLEDは良く考えて作られてるなと感じました。
今後問題なく使用出来れば文句なしです。

 
これにて今回の「クロスカブにLEDヘッドライトを取付る」ミッションコンプリート!

-クロスカブ